であいサイトを使ってた私

使ってた私

男性の気持ちがわかりません。あんなに好きって言ってくれたのに。あんなにお前だけだよって言ってくれてたのに。私を裏切ってたなんてもう男性なんて信じられません。ずっとそう思っていました。
出会い系アプリのパーティーで巡り合った愉快な彼とのであいはであいサイトです。最初からちょっとチャラいなこの人って思ったんですけど意外に誠実でその誠実さに私が根負けして付き合うようになりました。

でも、やっぱり最初に抱いたチャラそうっていう勘は当たってました。付き合って3ヵ月目には早くも浮気。ごめんもうしないからと言っておいてその数ヵ月後にはまた浮気。もう許せなくなって別れようと思い何も告げずに去りました。
その後は男性と関わることを避けていました。建前では格好をつけてても結局本音はしたいだけ!男なんてみんなそうだって思ってましたから。その時は…。こりずにであいサイトを使ってた私も私なんですが、次に出会った男の人はまさに私の理想とする人でした。離婚歴があるのは理想ではないですけど(苦笑)それ以外は大人な感じの空気を漂わせる人だったので男性不振はいつの間にかなくなってました。

その彼と付き合い始めてそろそろ1年。彼も今年で40になるので結婚も考えてくれていたらいいなって思ってます。ちょっと年の離れた結婚になるので両親に反対されなきゃいいんですけど。

出会い系アプリで知り合った人同士

同士

スマートフォンを所持する人が増えている中で、無料通話とチャット式の会話ができるアプリを使う人が増えています。
通話料の節約にも一役買うこの手のアプリ、使っている人も多いと思います。

実際に使ってみると分かるのですが、携帯の電話番号やメールアドレスを教え合わなくても、
1つのIDですべてができてしまうのでとても便利なものです。

個人情報の1つである電話番号・メールアドレスを教えないで済む点では、出会い系アプリで知り合った人同士も、
気軽にIDの交換をして連絡を取り合おうとする人も多くなっています。
ただ、IDもやはり個人情報の一部であることに代わりありませんので、まだ会ったこともない段階での交換はオススメできません。
IDなら安心・安全と思っている人が多いのですけど、その安心・安全は相手の人の素性が本物であるかどうかを確認できてこそです。
ただ気が合うから、話が合うからなんて程度で交換したとして、出会い系アプリの相手がもしもサクラだったら…なんてこともあり得るのです。

それに、物品販売の業者の線もあり得ます。
それでもIDを交換して、ゆっくりと気兼ねなく会話を楽しみたい気持ちも理解できます。
利用している出会い系アプリが有料のところであればなおさらでしょう。

ですので、相手がどんな人であるかを会って知るまでは、ご自身の素性を簡単に明かさないようにしましょう。
もし、相手がであいけいのサクラの仕事や業者だと感じたときは、即IDの変更を考えてください。

であいたいと思うことも

思うこと

インターネットのであいサイトのものには「プロフ」というものがあります。「プロフ」とは自分のプロフィールを掲載することができるいくつかの項目です。逆に、こうした欄に記入しなければ使えないというところもあります。これには名前(ニックネーム:サイトで利用する名前)、居住地(大まかなもの:県や市レベル)、年齢(たとえば、二十代前半という漠然としたもの)などです。あと、性別が基本的なところでしょうか。

加えて、ネットでのであいの目的、趣味などを記載する欄もあります。必ず必要な部分とそうでない任意のところがあります。さて、困るのは初めてであいけいを使った場合に、「何を書けばいいのだろう?」と迷ってしまうところです。きっとニックネームを付けるだけでも悩む人があるはず。僕もその一人。何度かニックネームを変えたものです。

居住地や年齢、性別は変わらないものの、趣味などはそのときのブームもあって難しい。ドライブで共通の趣味を持っている人とであいたいと思うこともあれば、昔から好きな読書で話をしたいこともあります。ただ、なるべく詳細に書くことによって相手には伝わりやすくなります。これだけはいえます。ただ、あまりコロコロと返ると読む側は混乱するので我慢が必要なところです。

であい恋愛をしようとおもっている人

恋愛

これから出会い系アプリの合コンでであい恋愛をしようとおもっている人はメールを学ぶのもいいでしょう。もちろん、メールくらいは誰でもできます。今時、メールができないという方が稀有とも言えます。メールは単にソフトを開いて、メールを作って、送信ボタンを押すだけです。もちろん、メールができるようになるまでは、パソコンの設置、インターネット環境の開設・設定、なども含まれる訳ですが、「メール」自体は難しくありません。

でも、難しいのです。僕はそのように思います。というのは、僕はであいサイトをやっていてそのように感じたのです。「いったい何を書いたらいいのだろう?」と思ったのです。確かに、1通目は簡単です。単純です。自分の自己紹介的なもの、その人に何となく興味を持って話したいということ、どのような部分に興味を持ったのかというようなことを書けばいいからです。

だけれど、何度かメールをしているうちに何を書けばいいのか? と悩むようになったのです。考えるようになったのです。相手のことをよく理解できていないから書くことが判らないのかも知れません。あまり余計なことを書いても仕方ないと思うわけです。「うっとしいメール」と思われてしまうかも知れないからです。それはそれで割り切ってしまえばいいと思うのですが。でも、それではきっと「であい」は終わってしまうのです。

出会い系アプリで出会った相手

相手

若い女の子もいれば、熟女もいる出会い系アプリ。出会った相手が自分と少し年の離れた人だったらどんな口調でメールしますか?どんな女性でもおんなじ口調でメールを送っていたら出会い系アプリでは仲良くなれませんよ。

最初からタメ口、呼び捨てを嫌う女性は多いですが、かといってかっちりとしすぎなですます口調も距離感を感じてしまいます。特に出会い系アプリで出会った相手が若い女の子だった場合は、相手がタメ口に切り替えるタイミングを奪ってしまうことになるので、いつまで経ってもよそよそしいメールをする事になってしまいます。

相手が自分よりも若い女の子だったらちゃん付け、フランクな口調を心がけるといいでしょう。
では、相手が年上だった場合はどうしたらいいでしょうか。女性の中には年下の男性に甘えられたいなんて願望がある人もいますし、癒されたいという人も多いので、基本は聞き役で時々甘えるスタンスがいいでしょう。いずれにしてもすぐに会おうとするのはデリカシーがない男性に見られるのでダメですよ。

Copyright(c) 2014 出会いアプリで出会いを楽しむ方法とは All Rights Reserved.